ブチゴールドの日々(フィギュアブログ編)

自分のホビーな日々を語って行きます。

スパイダーマン、プレステ4版のキャラクターについて語りたい

プレイステーション4にて「Marvel's Spider-Man(スパイダーマン)」が発売されました。このゲームをプレイしているとスパイダーマンであるピーターがよく独り言を話し、軽ぐちをたたきます。

そのトークは軽い感じで客観的に、ゲームの説明も含めてですが。

ここで、ふと思うんです。

ピーターは何故、ここまで軽い口をたたくのかと?

ゲームシナリオから「スパイダーマン」であるピーターの環境を考察してみたいと思います。

このゲームのピーターは余り裕福でなく、彼女と別れ、スパイダーマンとして活躍しても全ての人が、認めてくれるわけではありません。

心の拠り所はメイ叔母さんだけです。

親友も今は遠くにいます。

完全な孤独ではないけれど、一人で社会と、悪人達と戦うのです。

寂しいですよね。ヒーローものではよくある孤独さですが…

隣人であるヒーロー、スパイダーマンは特にその孤独さを感じさせます。

シナリオもまたピーターの生活を丁寧に描き、その孤独を見せていきます。

ピーターは本当にいる、今いる人々のようです。

そう思えてくると、最初はイラッとしたピーターの軽口も、強がりのように感じて親しみが湧いてきます。正直ピーターのキャラクターはなんか苦手だったんですよ。

それが私の隣人にピーターはなっているんですよね。

ゲームをやっていると、ピーターと共に人生を過ごしている。

そんな気持ちになってくるんですよね。

ゲームの中ですが共に行動しているとピーターの内面、人間関係が見えてきて彼を理解出来るんです。

そうすると、彼を嫌いに慣れないんですよ。

自分の友達よりも理解してしまった存在としてゲームの中での自分のアバターになっていくんです。

それがこのゲームに深みを与えているんですね。スパイダーマンの世界観は原作からして、本当に深いです。このゲームでそれを少しでも理解させているところがまた凄い。

ゲームとシナリオ、世界観が完成しているからこその高評価なんですね。

バトンは後半、単調になっちゃいますけど。

スパイダーマンは良質のゲームなのでプレイしていない方は是非、プレイしてみてください。

今のゲームの完成した一つのかたちがあります。

それではまた ぶちでした。

f:id:butigoid:20181115182852j:plain