ブチゴールドの日々(フィギュア編)

自分のホビーな日々を語って行きます。

「ニーア オートマタ ゲーム オブ ザ ヨルハ エディション」をちょっとやった感想

ニーアオートマタの廉価版が出たので買ってみました。ダウンロード関係などきちんと入っているのは感心しました。鉄拳7は廉価版でもダウンロードは購入でしたので。

ステッカーも入ってました。意外でした。

ちなみにダウンロードデータはディスクに入ってなくコード入力でした。

パッケージカバーもさりげに変わってましたね。

ファンには嬉しいのでは?

 

これからなんか偉そうに語りますけど、あまりプレイしてないプレイヤーの意見として聞いてください。

 

5,6時間プレイした感想を

雰囲気ゲームみたいな感じですね。世界観に浸るというか、それがメインな感じです。

少ししかプレイしてないので、このような感想なのですがこのゲームは人を選びそうだなと。

ゲームの操作性などはプラチナゲームスが絡んでるだけあって気持ちいいです。

多分、誰でも楽しめるようにつくってあるのか、普通レベルだと本当に普通でした。

今からのプレイで評価は変わるかもしれませんけどね。

洋ゲーである「スカイリム」とかやってるとキャラクターの会話をボイスと字幕で表現すれば、もっと世界に浸れると思うんですよね。それはコストの問題なのかな?

今のところ評判が悪いシューティングなどは別に気になりません。

ただ、雑魚とボス戦の差は…うーん、和ゲーだとたしかにこんな感じなのかな?

雑魚戦が思ったよりは単調なので、ボス戦との差が強く感じているのかも。

ボス登場の演出などはプラチナゲームらしさを感じて洋ゲーにはない味なので気にいってます。

ただ場所移動の解放などは最初からやってもいいのではと思いました。

どうしてもフィールドの移動が作業的な所があるので。例えばお使いイベントなどです。

マップが広いと面倒なんですよね。

物語に対しては結構、期待しています。

音楽とかも良いですしね。

 

現時点の評価はなんとも言えないです。

アクションメインとも言えないし、ドラマをどう見せるかにかかっている気がします。

周回メインのゲームだそうなので、またクリアしたら感想が変わるでしょう。

アクションをガッツリというタイプではないので、これからどうアクションの難易度が変わっていくか楽しめです。

 

まあ、少しずつプレイしていきます。

それではまた、ぶちでした