ブチゴールドの日々(フィギュアブログ編)

自分のホビーな日々を語って行きます。

「スーパーミニプラ「戦闘メカ ザブングル アニメカラーVer.『ザブングル』」ザブングルがミニプラとして復活!!

「スーパーミニプラ 戦闘メカ ザブングル アニメカラーVer.『ザブングル』」はバンダイより2018年に登場しました。ミニプラの名の通りプラモデルなのですが可動レベルが現代レベルの作品となっており、作品ファンの方には涙が出るプラモデルとなっています。

 

f:id:butigoid:20191031144706j:plain

 

戦闘メカザブングルとは?

1982年にサンライズが制作したロボットアニメ。

惑星ゾラという西部劇的な舞台のもと、親の敵をとるために旅をするジロン・アモスを中心に物語が進展する。

ザブングルとはウォーカー・マシーンと呼ばれる歩行メカであり、ジロンの愛機となる。

この作品は当時、常識破りのザブングルと呼ばれ、現代に繋がる多様な発想があった。

監督は富野由幸氏。

ちなみに物語中に主人公機が変わるのは、この作品からである。

 

f:id:butigoid:20191031144739j:plain

コミカル路線の作品でした。

 

f:id:butigoid:20191031144839j:plain

二体の車型メカが合体します。

 

f:id:butigoid:20191031144954j:plain

映画化もはたしました。

 

f:id:butigoid:20191031145046j:plain

一応、食玩です。

 

f:id:butigoid:20191031145137j:plain

f:id:butigoid:20191031145206j:plain

ザブングル以外のウォーカーマシンはリアル系デザインが多いのも特徴です。

 

f:id:butigoid:20191031145409j:plain

f:id:butigoid:20191031145437j:plain

1982年の作品ですが、今でもフィギュアなど発売されています。

 

f:id:butigoid:20191031145612j:plain

f:id:butigoid:20191031145641j:plain

塗装などを行えば、もっと良くなります。

 

f:id:butigoid:20191031145754j:plain

f:id:butigoid:20191031145823j:plain

シールを貼るところも結構あります。

 

f:id:butigoid:20191031145948j:plain

 

ザブングルの出来映えは?

今回は素組でシールを貼った形です。

買って組み立てたらこうなると。

まず、欠点は腰の関節が緩いので、ちょっとした調整が必要かもしれません。

アクションに関しては現代のプラモデルレベルで色々なポーズが可能となっています。

今回の前のバージョンではフル装備状態も再現可能となっています。

今回はアニメカラーということですが、色合いはアニメとは、また違うんですけども。

 

f:id:butigoid:20191031150027j:plain

細かく動くんですよ。

 

f:id:butigoid:20191031150114j:plain

40代がターゲットですかね。

 

f:id:butigoid:20191031150214j:plain

パッケージアートも当時のプラモデルを意識して描かれています。

 

f:id:butigoid:20191031150343j:plain

オススメの作品ですよ。

 

f:id:butigoid:20191031150455j:plain

 

 

f:id:butigoid:20191031150547j:plain

声優のTARAKOさんも参加していました。

 

f:id:butigoid:20191031150656j:plain

主人公機が二体あるのも、この作品が初でした。

 

 

合体、変形も可能です。

楽しく遊べる作品となっています。

ゲームの「スーパーロボット大戦」などで作品を知った方も多いのでは?

それではまた、ぶちでした。

 

f:id:butigoid:20191031150833j:plain

 

 

戦闘メカザブングル DVD-BOX(1)

戦闘メカザブングル DVD-BOX(1)