ブチゴールドの日々(フィギュア編)

自分のホビーな日々を語って行きます。

映画「レヴェナント 甦りしもの」この映画の「痛み」は作品に重みを生んでいる!

映画を観て痛みを感じる。その痛みは残虐的な痛みではなく命の痛みと言いたくなる作品、それが「レヴェナント」です。

レオナルド・ディカプリオがとうとうアカデミー賞を受賞した作品ですが、ディカプリオが演じるヒュー・グラスの魂に観るものは圧巻されることでしょう。

 

「レヴェナント 甦りしもの」

監督・制作・脚本……アレハンドロ・G・イニャリトゥ

撮影監督……エマニュエル・ルベツキ、ASC/AMC

音楽………坂本龍一/アルバァ・ノト

 

キャスト

ヒュー・グラス……レオナルド・ディカプリオ

フィッツジェラルド……トム・ハーディ

ヘンリー隊長……ドーナル・グリーソン

 

あらすじ

1823年のアメリカ西部の未開拓地にいた毛皮ハンターの一団は先住民の襲撃を受け多数の犠牲者を出す。ガイド役のヒュー・グラスとその息子ホーク等、生き残ったもの達は先住民から逃れるため川を避けて陸路で砦に戻ろうとするが、その道中、グラスが熊に教われて瀕死の重症を負ってしまう。隊長は瀕死のためグラスをおいて出発する事を決断。

グラス最後を看取るよう、フィッツジェラルド等に命じるのだが、それが新たな事件の始まりになるのだった…

 

オープニングから観るものを圧倒する戦闘シーン

こう書くとゲームみたいですが、物語の始まりの先住民の襲撃からこの作品の全てが分かると言えるぐらい凄まじい戦いが始まります。人の命が簡単に残虐に失くなっていくのです。そこには「命」を理解させるこの作品のテーマを凝縮したかのような迫力があります。北野映画の持つ暴力により語られるものとある意味同じものがあります。

 

自然の美しさと恐ろしさを主人公グラスと共に感じていく

舞台はアメリカ西部の未開拓地であり、雪が降り積もる広大な自然の世界です。

その大地の中を生き抜くグラスのドラマが展開されていきます。

熊により重症を追い、そしてある事件により復讐のため生き抜くグラスを自然の残酷さが迎え入れます。それでも体を引きずりながら前へ進むグラス。その姿は「生きる」こと自体を再認識させられます。

このグラスを演じて、ディカプリオは遂にアカデミー主演男優賞を受賞するのですが、グラスの存在自体が生き抜くことの表現と言えるぐらい圧倒的な演技なのです。

ディカプリオはあまり好きではなかったのですが、この映画でイメージが全く変わりました。ディカプリオにとってもこの映画は役者としての転換期だったのではないでしょうか?

 

先住民に対してこの映画は敬意をはらっている

この映画ほど先住民に対して敬意を感じさせる映画を観たことはありません。

侵略者であるアメリカ人に対して驚異の存在であり、この世界で生き抜く人間として丁寧に描いています。

作品のラストでそれは特に感じさせられます。

きちんと人間として尊敬するべき存在であると語っているのです。

 

 

この作品の暴力は物語に入り込むためにリアルに働いている

この映画は先に述べたように痛みを感じる映画です。

それは多くの暴力シーンなどもあるのですが

、この映画の暴力は娯楽的なものではありません。生きるために生じるものとして表現されています。

それゆえにこの映画の重さがましていくのです。クリント・イーストウッドの映画と似ているところがあるかも知れません。

「命な重さ」それを無意識に感じさせる映画なのです。

 

この映画を観て、映画は新たな発見に満ちていると感じた

この映画の面白さは、この映画でないと感じない独特の面白さがあります。「バードマン」と同じ監督の作品だとは分かりませんでした。基本的に映画は監督の個性が出て分かるものですが、恥ずかしながら全く分かりませんでした。そのぐらい独特なのです。

逆に言えば、この映画は観る人を選ぶ映画になるでしょう。単純な娯楽作品ではないからです。丁寧に残酷に自然と人間を描いていく。この映画は確実に成功している作品です。

深みのあるドラマをみたい方にもオススメ出来る映画です。この映画もみんなに観てもらいたいんですよね。

映画を色々観ていると、このような作品にも出逢える。それがまた映画の面白さなんです。

本当にこの映画は素晴らしいですよ。

新たな面白さを求めている方に是非!

それではまた、ぶちでした

特典があるパッケージ版をオススメします!!