ブチゴールドの日々(フィギュア編)

自分のホビーな日々を語って行きます。

高橋留美子先生、フランスのアングレーム漫画賞受賞!!


うる星やつら」「らんま1/2」「犬夜叉」等の人気漫画家高橋留美子先生がフランスの第46回アングレーム漫画祭に2019年1月23日、漫画の発展に大きく貢献した作家に送る功労賞「グランプリ」に選ばれました。

アングレーム漫画祭は欧州最大規模の漫画の祭典です。

選ばれた高橋先生は61歳!そうですよね、時間がたつのは早いものです。

その間に数々の名作漫画を描かれて、私達に感動を与えてくれたのですから。

アングレームでは「日本社会でアウトサイダーな人々や変人!を描き進歩主義的だ」と評価されました。

確かに高橋留美子作品のギャグ系のキャラクターは自分の欲望に真っ直ぐ突っ走っていきますよね、

私の好きなキャラクターの「諸星あたる」などその良い例です。

それがギャグを生み出すわけですが、キャラクターの生み出す行動力が面白さと魅力を生み出しています。

また普通の人々のドラマやサスペンスホラーなども高橋留美子の手にかかれば傑作になってしまいます。

昭和から平成と新しい時代に流れる中、トップクラスの漫画を描かれて、いまだに現役!

日本のコミックの原点の一つを作り上げたといっても間違いないでしょう。

 

いま新たに高橋留美子ワールドを振り返ってみませんか?

高橋留美子の凄い所らはそれぞれの世代に代表作品があることです!

うる星やつら

めぞん一刻

らんま1/2

犬夜叉

「境界のRINNE」

このタイトルだけでもあなたの印象に残る作品があると思います。

私は「うる星やつら」と「人魚の森」が一番好きでした。

最近はワイド版「らんま1/2」を買い揃えて読み直しています。

アングレームで言われた通り「アウトサイダーで変人」なキャラクターがたくさん出て来ていますよね。

彼等彼女等のキャラクターが私やあなたに元気をくれるんですよ。

あなたの好きな作品をまた読み直し、また読んでいない作品を知るきっかけにもなると思います。

特に高橋留美子作品はみんなの想いが強すぎて高橋作品の「これが一番!!」がみんな違うんですがそれがまた、高橋先生の凄いところなんでしょうね。

またラムちゃんや、らんまに会いに行こうではありませんか!

私は今回の記念に「うる星やつら」をまた読み直しますかね(*´ω`*)。

ちょっとプレミアがついてますけど画集「るーみっくわーるど35」も印刷のレベルが高いのでオススメです。

カラーでるーみっくわーるどが楽しめますよ。

それではまた、ぶちでした。

 

 

うる星やつら 文庫版 コミック 全18巻完結セット (小学館文庫)

うる星やつら 文庫版 コミック 全18巻完結セット (小学館文庫)

 

 

めぞん一刻 文庫版 コミック 全10巻完結セット (小学館文庫)

めぞん一刻 文庫版 コミック 全10巻完結セット (小学館文庫)

 

 

らんま1/2 [B6版] コミック 全20巻セット

らんま1/2 [B6版] コミック 全20巻セット

 

 

 

境界のRINNE コミック 全40巻セット

境界のRINNE コミック 全40巻セット