ブチゴールドの日々

自分のホビーな日々を語って行きます。

映画「ジャージーボーイズ」は音楽を愛する人、そして映画を愛する人には観なくてはならない作品だ!!

映画「ジャージーボーイズ」は2014年の作品です

監督・制作はクリント・イーストウッド、主演の「ザ・フォー・シーズンズ」を演じるのはリードシンガーのフランキー・ヴァリ役をジョン・ロイド・ヤング、ソングライターのボブ・ゴーディオ役をエリック・バーゲン、大人な性格のニック・マッシ役をマイケル・ロメンダ、破天荒な問題児トミー・デヴィート役をビンセント・ピアッツァが演じています

そしてギャングのジップ・デカルロ役でクリストファー・ウォーケンが共演しています

ここで一言言います

「この作品は絶対見るべきだ!」

 

あらすじニュージャージー州の貧しい地区で生まれ育った4人の若者が結成したバンドフランキー・ヴァリ&ザ・フォー・シーズンズの成功し栄光を手にいれ、そして挫折していく物語です

彼等の成長と破滅の物語がクリント・イーストウッドの手腕によって丁寧に、シェリー」「バイ・バイ・ベイビー」などの名曲に乗せて描かれていきます

私的にはクリント・イースト監督作品の中でも傑作中の傑作と言える映画です

この作品は舞台から始まり、ミュージカルへ、そして映画多数となったのです

 

4人の若者の音楽に対する希望と愛が観るもの全ての胸を打つ!

リードシンガーのフランキーの歌の才能から始まったバンド「ザ・フォー・シーズンズ」のメンバーは個性豊かです

フランキーは優しさがあり、ボブは作曲作詞が出来るインテリタイプ、ニックは冷静で大人な性格、トミーは行動力がありまとめ役ですが、盗みやお金の自制が出来ない問題児です

この四人がバンドを通して音楽の世界のトップへと駆け上がっていきます

映画タイトルの「ジャージー・ボーイズ」は主人公達の出身地のニュージャージー州からとっています

彼等はバンドを組む前は、トミーやニックなどは悪事など行い刑務所行きが普通でした

フランキーの歌との出会いが彼等のバンドの始まりだったのです

そして作詞の才能があるボブと出会い、ニュージャージー州の貧しい地区から旅立つことになるのです

バンドが成功していく中、彼らの関係は私から観て、とても羨ましく感じます

バンドを通して、いざこざがありながらも彼らは繋がっているのです

しかしトミーの問題から全てが崩れていきます

フランキー1人が残される状況になるのです

そしてフランキー自身の家庭問題が彼を苦しめることになります

この映画は彼等の人生の作品でもあるのです

 

数多くのヒットソングがドラマに乗せて流れていく

シェリー」「恋はやせがまん」「バイ・バイ・ベイビー」などが歌われるシーンはそれぞれのドラマが関わり涙が流れてきます

彼等のその時々の事件にあわせて、名曲が胸を打つのです

クライマックスにかけての曲への物語は、クリント・イーストウッド監督の力量が物凄く分かります

クリント・イーストウッド監督作品はハズレ無しのイメージですが、この映画に関してはそんなに期待していませんでした

骨太な作風に強いイメージがあったのですがこの映画によってイーストウッド監督の新たな才能が観れたことは大きな収穫でした

音楽を愛し頑張っている人達や、映画を愛する人達にこの映画から感じるクリント・イーストウッド監督の音楽に対する愛を是非感じて頂きたいです

ここでまた言います

「この作品は絶対見るべきだ!」

フランキー達との時間を是非、共にしませんか?あなたの音楽の想いがわかるはずです

それではまた、ぶちでした

 

 

ジャージー・ボーイズ オリジナル・サウンドトラック

ジャージー・ボーイズ オリジナル・サウンドトラック